スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よがぁ

  • 2007/06/18(月) 08:31:23

立ちポーズが全部終わったので、
立ちポーズのまとめをビデオで撮り、
自分たちのポーズの確認をした

自分ではしっかりできているつもりでも
全然先生とは違うことがわかり、
クラスの人たちと
どこが良くてそこが悪いのかを
議論した。

注意した点は
・お客様を意識し自分だけを見つめない。
 →自分のポーズに自信がないため、鏡で何度も確認しちゃうんですよ。。。
・元気に
 →元気にしてるつもりでも、疲れが出てるんです。2割増しの元気を!!
・吸ったり吐いたりを大きく表現する。
 →ヨガは、呼吸が大切なので、初めてのお客様もわかるように。。。
・声の大きさをあげる。
 →これも、元気にってことと一緒だと思います。。。聞こえにくいとポーズがとれません。
・落ち着いて話す。
 →次のポーズを考えすぎない!考えないと出てこないんです。。。まだまだですね。
・間違えても堂々と。。。
 →確かに堂々とされてると間違ったってわからないような。。。
  でもそれで、いいのでしょうか?少々疑問が。。。
・自分がつらいポーズの時こそ効能を言ってお客様を励ます。
 →自分がつらい時は相手もつらいので明るくポーズを乗り切ります。
・ゆっくりポーズを言う。
 →紛らわしいポーズだと早口だとよくわからない。。。
・「はい。お水」を元気に。
 →ホットヨガは湿度、温度ともに高いとこでやるので水はたくさん飲みます。
  そのタイミングをインストラクターが元気に言うとおいしいお水が飲めます(?)
こんな感じで、議論が終わり、
実際にホットで2人1組で先生と生徒役をこなします。
ホットで生徒役に教えながらヨガをするのは
呼吸のコントロールとどれだけ、体力を使わないかが勝負です。
疲れて、教えられなくなったら困ります。
そんな一人格言を考えながら無事今日も終了。
明日からは寝ポーズです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。